アマゾンの秘薬、ガラナ

アマゾン原産の「ガラナ・アンタルチカ」

ガラナ・アンタルチカ ガラナは、アマゾン流域の熱帯地方特有の植物で、ブラジル人にとっては自国の特産品として古くから愛用されてきました。 ガラナは土着語で、学名はパウリニア・クパナ(Paullinia Cupana Kuntu)と言い、もともとアマゾン原野に野生する植物を、土着のマウエー族やムンズルクー族などのインディオが栽培したものです。 豊かな直立した蔓状の茎にぶどう大の果実が成り、10月から12月にかけてこの実が熟した後、日干しにして中から種子を取り出します。 種子を細粉とし水や炭酸水、酒に加えれば滋強飲料として、また、実や花から抽出したエキス分は貴重な薬用品として、ブラジルで広く認知されているものです。
ガラナは、地上に産する植物の中では最もカフェインの含有率が高いことで知られています。カフェインは、興奮剤、強心剤、利尿剤、強壮剤、健胃剤、整腸剤として有効に作用し、 偏頭痛や神経痛にも鎮痛作用があり、また、動脈硬化の予防にも効き目があるといわれています。

植物名 部分 カフェイン含有率
ガラナ 種実 4 〜 5.5%
コーラ 種実 2 〜 2.5%
マテ茶 0.15 〜 1.8%
コーヒー 種実 0.8 〜 1.75%
カカオ 種実 0.15 〜 0.4%

ガラナの成分

■カフェイン:5.388% ■脂油(黄色):2.950% ■樹脂(赤色):7.800% ■サボニン:0.060%
■ガラナ渋酸:5.302% ■ガラナ焦酸:2.750% ■リンゴ酸:4.420% ■澱粉:9.350%
■タンパク質:2.750% ■繊維素:49.125% ■赤色色素:1.520% ■水分:7.655%

アンタルチカの歴史、美味しさの秘密

ガラナ・アンタルチカ

AmBev社が所有するマウエス市のサンタ・エレーナ農場。世界のガラナの遺伝学に関する資料を保管しています。

ガラナ・アンタルチカ

ジャングルに囲まれたマウェス市を上空から

アンタルチカ・ガラナ向けのガラナの種子は100%アマゾン原産。過去30年間、そのうち80%を供給しているのがマウェスです。
マウエスはインディオの言葉で“しゃべるオオムの地”を意味しており、1798年に創立されたアマゾナス州の小さな市。「ガラナの土地」、「ガラナ発祥の地」として知られており、 約41,000人の住民のうち約6,000人の生産者が、年間300トンを生産しています。
AmBev社は2002年11月、ガラナに関する調査と社会開発計画に貢献するため、マウェス市と共同で「マウェス・プロジェクト」を立ち上げました。 生産者間の情報疎通を密にする為のインフラの拡充、苗木の寄贈、営農指導等、地域と一体となってさらなるアンタルチカの発展を目指していきます。

ガラナの効果

■虚弱体質改善、精力増進 ■頭痛、肩こり、冷え性 ■高コレステロール・血管内浄化 ■気管支喘息の抑制
■新陳代謝を高め、利尿作用促進 ■ボケ防止、脳組織の活性化 ■生理不順、生理痛 ■整腸作用
■不安感、神経過敏、ストレス緩和

会社情報

  • アルズネット
  • ガラナ・アンタルチカFacebookページ
  • モラタメ掲載中
  • サッカーブラジル代表公式スポンサー飲料